包丁の持ち方

包丁の持ち方としていくつかの方法について

包丁の利用に関しては、その特性から取り扱いには十分に注意することが必要とされていて、常に安全性を確保することが求められています。プロの料理人の場合では、包丁の持ち方については素人の場合では目で見て直ぐに判断することができるとされており、持ち方によって熟練度が分かるという内容を持っているほど大切な部分とされています。そんな中、一般的なご家庭で包丁をキッチンで使用する場面がありますが、持ち方に関してはカットを行う対象となる食材によって大きく異なることになり、また、調理方法によっても変わることになります。

例えば野菜や魚類など、比較的柔らかく、カットしやすい食材を対象としている場合では、軽く柄の部分を握ってそのままカットを行う場面もありますが、あまり力を入れずに済ませることができる場合では、柄の付け根部分を握って、刃の部分に若干手を掛ける程度で固定する方法も用意されています。

この方法では包丁の向きを安定させることができ、確実に対象物をカットすることが可能になります。その一方で、硬い食材などをカットする場面もあります。このケースでは包丁の向きが変わってしまうことによって、非常に危険な一面を持っている場面になるために、柄の部分をしっかりと握り込むことが必要とされています。

基本的には柄の中央部分を強く握ることが必要とされていて、刃の下の部分などに滑った場合でも指が入らないように十分に配慮することが必要になります。食パンや刺身類など非常に柔らかい食材をカットする場面では、柄の部分を握った状態で、包丁の上部に人差し指を掛けて使用する方法も用意されています。
滑りやすいものをカットする場面でも活用することができ、広く用いられているスタイルになります。リンゴや桃といったフルーツの場合では、表面の皮を薄くカットすることを行う場面もあります。この場合では、包丁の柄と刃の間部分を軽く握り、刃の下の部分に軽く親指をあててカットを進めることが一般的になります。また、刃の向きを内側にしてカットを行うことも特徴になります。

どのようなシーンであっても、常に安全性について考慮することが必要になり、そのためには、立ち位置というものも重要な項目になります。例えば不安定な足場などで作業を行うことは危険なために、避けたい部分とされています。しっかりとした足場を確保できていても、特に大きく硬いものなどをカットするような場面では、足を少し開いた状態で作業を行うことが良い方法になります。