包丁の研ぎ器

頻繁に利用する場面の包丁の研ぎ器について

包丁は調理を行う場面では必ず必要とされている道具になり、目的としては食材をカットすることになります。一般的な家庭用としても利用されており、殆どの住宅に用意されているものになります。

その一方で、ホテルや旅館、各種宴会場や、仕出し料理を作る会社、給食の製造や一般的なレストランなど、幅広い厨房施設でも数多くの包丁が用いられていることになります。特に毎日大量の食事を提供するような施設の場合では、非常に数多くの包丁を必要としているために、業務上でも欠かすことのできない厨房アイテムになっています。

そんな中、一般的な家庭と異なって、多くの包丁を利用している現場では、研ぎ器を利用する場面も増えることになるために、一般家庭で使用することが無いような大きな研ぎ器を導入していることも珍しいことではありません。具体的には電動タイプの大きな研ぎ器が販売されているもので、実際に多くの厨房施設で活躍をしています。形状は独立型として脚の付いている大きな機種も存在していますが、卓上型のものも存在しています。どちらの場合でも業務用として用いられているものでは基本的な使用方法似ているものが多く、自動車のタイヤのように大きな砥石が設置されていて、電源を入れることによって高速回転することが特徴とされています。

中には自動的に水を注入することのできるシステムを持っているものも存在していて、包丁を綺麗に研ぐことができます。利用手順に関しては、ガイドを設置することが先決になり、決められた最適な角度に調整を行った後に電源を入れることになります。その後は包丁をガイドにあてた状態で、奥から手前側にゆっくりと引く動作を数回繰り返すことによって、見事な切れ味を取り戻すことができます。

また、両刃の場合であっても、ガイドの方向を変更できる機種がメインとして用意されているために、基本的にはどのような包丁であっても対応することができるシステムに仕上がっています。

電動型の中には、コンパクト化されている一般家庭向けのものも登場しているために、普通の方であっても活用することができますが、業務用として利用するような施設の場合では、初期投資として一定の資金が必要になりますが、手間や研ぎに費やす時間などを考えた場合では、十分にコストパフォーマンスに優れていると言うこともできます。さらに電動の場合では常に一定の力で研ぎを行うことができ、仕上がりにムラが出ないことも魅力になります。