包丁の種類

初心者や一人暮らし向けの包丁の種類

せっかく料理をするなら楽しみながらやった方がいいですよね。
そこで、料理をするには欠かせない道具の訪朝の種類と特徴について解説をしていきます。

一つ目は、万能包丁です。別名で三徳包丁とも呼び、小さいサイズから大きいサイズまであります。また、菜切り包丁や牛刀包丁の利点を加えられ、特定の食品を切るものではなく、肉や魚、野菜、、果物などなんでも切ることができ一本は必ず持っていた方がいいでしょう。

二つ目は、出刃包丁です。和包丁の一つで、魚をさばいたり、お肉をスライスする時に使います。
万能包丁よりも先がややとがっていて、厚みと重さがある所が特徴になります。また、力を入れなくても切れるところも特徴です。例えば、万能包丁を野菜用、出刃包丁は肉や魚用と使い分ける方法もいいかもしれません。

三つ目は、ぺティナイフです。別名果物ナイフです。小さめのナイフで、野菜や果物の皮をむいたり、カットする細かい作業をするときに使います。イタリア料理では、小さめのぺティナイフで全てをカットやスライスをするそうです。

初めて料理をする初心者の方や一人暮らしの方にはこのペティナイフを使うといいでしょう。魚やお肉や固い食品を扱う以外は、ほとんど料理することができますし、サイズが小さいので狭い場所での調理もしやすいです。一人分の調理だと大きいサイズの食品を扱う機会はなかなかないですし、ひとまず一本持っておこうというかたにおすすめです。

四つ目はパン切りナイフです。
一人暮らしの方には必要のないナイフかもしれませんが、一本あると意外と便利なナイフです。
パンはスライスされた物以外購入しないという方もいらっしゃると思いますが、パンをスライスする以外にも柔らかいケーキや固いタルトなどをカットする時にとても便利です。また、のこぎりのよう刃と少し長さがあり、柄のところはやや細いところが特徴です。

さらに、パンやケーキやタルト以外にもチョコレートを砕くときにものこぎりのような刃が活躍します。万能包丁で柔らかいパンを切ったり固いフランスパンを切ると、切れるといえば切れますがつぶれてしまう可能性が高いです。
一本持っていると活躍する場面が出てくるでしょう。以上の4種類を紹介しましたが、まだまだ多くの種類があります。やはり、刀の文化がある日本ならではの種類もあるので初めて使ってみて関心がわくようでしたら他のものにも挑戦してみるとさらに、料理が楽しめるかもしれません