安全な捨て方

古くなった包丁の安全な捨て方について

包丁は家庭内でも沢山の種類のものを用意していることが多く、カットを行う食材に合わせて様々な包丁を持っている方も多く存在しています。切れ味などが悪くなってしまった場合では、研ぎを行う場面もありますが、素人の場合では上手に行うことができない場合もあります。

その際には簡単に研ぎを行うことのできる研ぎ器なども販売されていますが、中には新しい包丁を購入される方も存在していて、長い期間にわたって生活を送っていると、時には新しい包丁をプレゼントされるシーンもあります。その結果として中には多数の包丁を持っていて、古くなってしまったものに関しては使うことが無くなっている状態の場合もあります。この場面では、キッチンのお掃除として古い包丁を廃棄することを行う方も存在していますが、その場合では安全に配慮した捨て方というものが用意されています。

実際に廃棄を行うことを決めている方の場合では、まずは居住している地域で指定されているゴミの廃棄方法を知ることが必要になります。この点に関しては、完全に居住している地域によって大きな違いがあり、例えば普通ゴミとして廃棄することを認めている地域や、危険物として廃棄することが決められている地域、または金属として分類することが必要な地域も存在しています。

しかし、どの地域に居住されている方の場合でも、包丁を裸のままで廃棄することについては危険が生じる可能性があるために、推奨したい捨て方を学ぶことが必要になります。その方法としては、刃の部分を他人が知らずに握ってしまったとしても、安全性が確保されていて怪我などをしてしまうことが無いように施すことが何より大切になります。

具体的には木製や金属製、樹脂製などで作られている刃の部分を包み込む専用のケースが用意されているものがあります。
このタイプのものを所有されている場合では、ケースを被せた状態にしておき、ケースが外れてしまうことが無いようにテーピングなどを行うことが良い方法になります。専用のケースが無い方の場合では、段ボールや木材などを活用して、刃の部分を多い隠すように仕上げて、ガムテープなどの粘着テープを活用して、何度も梱包することがおすすめになります。特に刃先の鋭い包丁の場合では、梱包を突き破ってしまうことが無いように配慮することが必要になります。また、ゴミ置き場などに捨てる際には、袋などに入れて包丁であることを、文字などを書き入れて提示しておくことでも安全性を確保できます。